ホトカミをつくるDO THE SAMURAIのブログ

みんなでつくる神社・お寺の投稿サイト「ホトカミ」を運営している、株式会社DO THE SAMURAIのブログです。

【採用情報】日本文化や神社お寺好きを募集! (大学生インターン、デザイナー、エンジニア、お坊さん神職さん、アルバイト、寄稿)

初めまして、株式会社DO THE SAMURAI代表取締役の吉田 亮です。

幼い頃から日本の文化や歴史が好きで、「好きなことで世のため、人のために生きたい!」と想い、個人事業主から始まり、2016年春に会社を設立しました。



私たちは、「100年後にも感謝される事業」として、月間210万PVを超える神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」を運営しています。

「文化×テクノロジー」の会社です。


スキルは問いません。

大切なのは、愛とリスペクトです。

ともに文化をつくりましょう!

下の要項を読んで「自分かも・・・?」と感じた方、
「なにかやることが見つけられそう」と思った方、
「興味を持ったけど、よく分からないので話を聞いてみたい!」と思った方は、
ぜひお気軽に連絡ください。


ご応募は、応募フォーム 
または、info@dothesamurai.com まで。

こんな仲間を募集しています

2019年4月時点、もちろん即戦力な方も求めていますが、学生インターンの方こそ、一緒に働きたいです。
就職して働き始める前に、「好きなことを通じて、世のため人のために貢献する!」という経験を得てもらいたいからです。

僕が責任を持って、成長する環境を用意します。
一緒に人生を考えます。

神社やお寺だけでなく、和服、日本文学、禅、和歌、歴史、漆器、お茶、宮大工、アイドル、歌舞伎、盆栽、和食、マンガ、アニメ、コスプレ・・・など、伝統文化からポップカルチャーまで、文化を重んじ、文化を愛する人(オタク / 数寄もの)が集う座として、会社を大きくしていきたいです。

100年前に新渡戸稲造が書いた「武士道」という本には、スキルよりも想いの方が大事だと書かれています。

「好き×人の役に立つこと」で働きましょう。


と言いつつ、若さだけでは、新しいものが生まれても深みが出ないのも事実。
縁の下の力持ちの黒越さんは私のひと回り上の世代ですし、60才以上の人生の先輩方とも一緒に何かを生み出したいと思っています。

 

 

インターン

インターンという言葉は軽くて、あまり好きじゃないのですが、一般的にインターンと言うようなので、あえてこの言葉を使います。

スキルよりも、「想い」の強さを大切にしています。
「実家の神社を守れるようになりたい」
「仏教を世にわかりやすく伝えたい」
「日本文化を発信したい」
「いつか起業したい」など
「想い」をもとに成長したい方、ともに働きましょう!

 必須条件は、週3以上オフィスへ出社、月3万〜、毎週土曜日午前中は全体会議があります。
(大学生の場合、単位を取り卒業することは最優先です。)
インターンに応募する

 

これまでのインターン生のブログを以下に紹介します。
(卒業ブログを探しながら気付いたのですが、ホトカミ公開前から一緒にデザイン作ってるルイさん、インターン時代から2年以上経った今も一緒にホトカミ育てているインターン生3人や、インターンからそのまま新卒で正社員になった小沼くんと菊地くん・・・みんなずっと一緒にいれて嬉しい。奇跡だ。。。がんばろ!)

一人目のヤスくんは2年前に卒業し、その後起業しました。
宇都宮から週3で恵比寿に通った伝説のインターン生です。
【卒業】弟子日記〜半年間を振り返って(成長と思い出)


初のお坊さん担当のごうくん!

1年7ヶ月の間、ホトカミで学んだこと 仏教担当が感じたことまとめ

会社とホトカミに仏教を注ぎ込んだ第1号お坊さんインターン生の卒業、累計50万ページビュー布教の舞台裏

神主さん住職さんインタビューと座禅をホトカミに込めてくれた村上くん。
村上くんの文章、好きなんだよなぁ。にじみ出てるんだよなぁ。
【モー娘。で出会った村上くんのインターン卒業】晴れの日があるからそのうち雨も降る全ていつか納得できるさ!人生って素晴らしい!


かいくんの文章も好き過ぎる。いやー、かいくんのデザインも文章も好きだし、今のホトカミにもかいくんがデザインした遺伝子が本当にたくさん残っています。
神社お寺がファッションになる日


世界一入学が難しいと言われているミネルバ大学からも毎年インターン生を受け入れています。
2019年はミシェルさん。素晴らしい振り返りを描いてくれました。(英語です。)
New Perspectives - ホトカミをつくるDO THE SAMURAIのブログ

2018年はケビン!(ケビンは今でもリモートで1年以上続けています。)
Two Months in DO THE SAMURAI: A Brief Summary



また、明治大学で、インターンシップについても、お話しさせて頂きました。
「なぜ、インターンを受け入れるのか?」など、紹介しています。

 

お坊さん、神職の方

やはり、私たちの現在のメイン事業は神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」です。
日本中から神社やお寺の最新の情報が集まると同時に、お参りされた方の記録も2万3000件以上集まっています。

すでにお世話になっている住職さんや宮司さんもいらっしゃいますが、
神社とお寺分け隔てなく、ご縁を広げていきたいです。

一緒にホトカミを育ててくださる、お坊さん、神職さんを募っています。

また、ホトカミのオフ会や、毎月第二木曜日開催のお坊さん神職さんの会をうちの神社やお寺で開いてくれたら嬉しいよ!という方もいらっしゃったら嬉しいです。
応募する

※ ホトカミを活用したいという神社やお寺の方向けには、公式アカウントという仕組みがあります。

hotokami.jp

 

 

パート / アルバイト

社内では、助太刀(すけだち)さんと呼んでいます。

仕事は、データ入力や文章校正、領収書の整理などですが、諸行無常、人生も仕事も日々、変わっていきます。条件は、要相談。

こういう人と働きたい
・週1日恵比寿のオフィスに出社できる
・性格がやさしい
・話すのがゆっくりで、声のボリュームを調節できる

 パート / アルバイトに応募する

 

ウェブエンジニア

ホトカミのシステム運用、開発を行います。
誰でも便利に、安心して使えるサービスを目指しながら、
日本文化にテクノロジーを融合させます。

システム構築からプログラミングまで、
一貫したエンジニアリングを行います。

神社お寺でイノベーションをおこしたい人を募集します。

本当にやる気がある人であれば、
実務経験無し、プログラミング初心者でも歓迎です。

100年続く企業は、人を育てることも大切だと考えているので、
成長できる環境は用意します。

エンジニア募集についてはコチラ詳しく紹介しています。

dothesamurai.com


ウェブエンジニアに応募する

 

 

デザイナー

ホトカミのユーザー体験の設計から、視覚デザイン、コーディングまで行います。

洗練されたデザインと機能の美しさを兼ね備えたサービスを通して、
人々へ楽しく、日本文化に触れる機会を提供します。

好奇心を持ち、常に学び続けるデザイナーを募集しています。
デザイナーに応募する

 

 

編集者 / ライター

ホトカミでは、日本一「わかりやすく・信頼できる」記事を通じて、
神社やお寺を紹介しています。

大量生産の記事ではなく、ひとつ記事を書くのになかには100時間以上かけるほど、魂を込めて記事を書いています。
 

hotokami.jp



岩波文庫のように100年後にも読まれる価値のある文章をネット上に残しませんか? 
寄稿者も募集しています。
編集者 / ライターに応募する


ご応募は、応募フォーム もしくは、
info@dothesamurai.com までお願いします。

株式会社DO THE SAMURAIの紹介

ここからは、私たちのことを詳しく紹介していきます。

なにをやっているのか(What)

 1、神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」の運営 / 開発
具体的には、Webアプリの開発、デザイン、記事を書く、公式アカウントご利用いただく神社お寺さんとのやり取り、ユーザーさんの対応、データの整理、季節に合わせたキャンペーンの企画、SNSの運用、オフ会の開催など。

f:id:samurairyo:20190407121837p:plain


2、多言語お参りガイド
神社お寺の境内に貼られているQRコードを読み取ると、簡単に神社やお寺について知ることができる多言語お参りガイドを運営しています。
現在は、英語、中国語(繁・簡)、日本語に対応しています。
すでに海外からの参拝者が増えているが、対応できずに困っている神社やお寺のサポートをしています。

f:id:samurairyo:20190407122201p:plain

境内への貼りやすさを意識したポスター


多言語ガイドの例「厳島神社(北海道)」

多言語お参りガイドについての問い合わせ


3、神社お寺のIT化のサポート
神社やお寺のホームページ制作やSNSでの発信の仕方のアドバイスに始まり、
若い氏子さんとLINE@を通じてコミュニケーションを取る、グーグルフォームを駆使した巫女さんのシフト管理の効率化、座禅参加者のためのデジタル参禅録など、
IT化することによって、神さま、仏さま、そして参拝される方たちと向き合う時間を増やしていただくサポートをしています。

代表の吉田が心を動かされてしまった場合は、福岡でも長野でも実際にお参りに行きます。

これらの事業を評価していただき、
2018年6月25日発売のForbes8月号の特集「新しいイノベーション!日本の担い手99選」にDO THE SAMURAIを選んでいただきました。

 

どうやって(How)

すでにホトカミは月間210万ページビューを超えていますが、現在、収益はありません。(一部、グーグルアドセンスを貼っていますが、サーバー代十数万円に対し、広告収入は、数万円程度です。)まだ、ビジネスモデルもありません。

どうやって運営しているかというと、日本初となるエグジットを前提としない「ソーシャルエンジェル出資」で約1億円を資金調達し、そのお金で現在は会社を運営しています。背景については、コチラの記事をお読みください。
「背景と想い」日本初「ソーシャルエンジェル出資」で約1億円の資金調達を実施に関して(代表)
 

 
会社としては4期目となる2019年4月から、持続可能な形でホトカミの運営を続けていけるよう、動き出し始めました。

多くのユーザーさん(神社やお寺へのお参りが好きな方も、神職さん、お坊さんも)にとって、便利で使いやすく、役に立つサービスに育てていくことを、何よりも大切にしています。

どこで(Where)

恵比寿ガーレンプレイスタワー27階にあるシェアオフィス「COEBI」に入居しています。
難民支援のNPOやアーティスト、教育事業、ベビーシッターなど、営利のみを第一の目的としない企業が集っています。応援して頂いています。

オフィスの様子については、コチラをご覧ください。

dothesamurai.hatenablog.com


 

誰が(Who)

ホームページにメンバー紹介があります。
 http://dothesamurai.com/members-2

また、みんなでブログを書いています。
人柄や、こだわり、日常や想いを知って頂けると思います。
みんなの日記:http://dothesamurai.hatenablog.com/

 

みんなで協力して仕事ができるように、
オフィスで顔を合わせて仕事することを大事にしています。

また、誰かの指示で動くのではなく、平等に意見を言い合い、
自発的にみんなが仕事をしています。

古事記ギャグや歴史あるある、仏教ネタやマイクロソフトネタが飛び交っていますが、全員が全部のネタを理解しているわけではありません。

ちなみに2019年6月には、開発メンバー5名のうち3名が海外出身(中国2名、マレーシア1名)という多国籍カンパニーになります。


 

なぜやるのか(Why)

100年後にも感謝されるレベルで価値がある仕事だと思っているから。

好きだから。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お読みいただき、ありがとうございました。

スキルは問いません。

大切なのは、愛とリスペクトです。

ともに文化をつくりましょう!

 
上の要項を読んで「自分かも・・・?」と感じた方、「なにかやることが見つけられそう」と思った方、「興味を持ったけど、よく分からないので話を聞いてみたい!」と思った方は、まずは、ぜひお気軽に連絡ください。

お話ししましょう!

良きご縁がありますように。

 

株式会社DO THE SAMURAI

代表取締役 吉田 亮

ご応募は、応募フォーム もしくは、
info@dothesamurai.com までお願いします。